スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KDDI社長「選べるスマホって必要だなと思う」

16日に行われたαω発表会でのKDDI田中社長の囲み取材です。

LTEについては秋にもサービスを開始し、開始時の人口カバー率は7割前後と、NTTドコモのXi(2012年度末で60%)を上回ることになりそうです。また、au Wi-Fi SPOTについて、現在はauスマートフォンからしか利用できませんが、今後はPCでの利用も可能にしていくとのことです。

KDDI:「LTE、今秋サービス開始 スマートフォンも当然出す」田中孝司社長
 KDDIが東京都内で16日に開いた春商戦向けの新製品発表会後の、田中孝司社長の囲み取材の一問一答は次の通り。

Q これでアイフォーン、ギャラクシーと、他社が強みにしている端末をすべて展開することになった。今回出す機種の意味を。

田中:僕自身は今回の端末で、ほぼスマートフォンではフルラインアップがそろったんじゃないかなと思っています。今日、サービスの説明をしましたけど、やはり家族みんなにauに入っていただきたい。そうすると、選べるスマホって必要だなと思っていました。なんとなく今日でそろって結構うれしいというのが本音のところです。

Q auは携帯3番手というイメージが強かったが、今回の料金体系で巻き返せると思うか。

田中:去年いっぱいかかって、auのモメンタム(勢い)回復は、結構なところまできたのかなと。例えばMNP(番号継続制)3カ月連続1位で、ちょうど次の世界に踏み出すということで、新たなビジネスモデルを入れるという強い意思のもとに、両方(固定とスマートフォン)を足せばかなりお得になるという料金(体系)をつくりました。

Q NTTにはできない料金体系で、これで3番手から抜け出せると考えるか。

田中:まだまだ2番手だと思っているんですけど。まあ、営業利益ではソフトバンクさんに負けてますけど。純増数は去年もだいぶいいところにいきましたけど、我々はいたずらに純増数を追うつもりはないです。本当に、お客様目線で「これっていいよね」っていうau、新しい自由なauをつくっていきたい。

Q NTT陣営から対抗策がでてくるのではないか。

田中:あまり気にしていませんね。人の出すものを気にしてやっていくというよりは、自分らがめざす世界にいち早くいきたいという思いです。今回もたぶん、世界中の我々みたいなオペレーターでは初めてだと思いますけど、FMC(移動通信と固定通信の融合)プラスバリュー(価値)のサービスを出せたと思います。特に、auスマートパスに関しては、ダウンパイプ(土管屋)じゃなくて、「スマートパイプ」に向かう仕組みだと理解いただけると思っています。

Q 今回の料金と端末で、契約数をかなり積み上げないと業績へのマイナスインパクトが先行している印象だが。

田中:現時点では、営業戦略的な理由もあるので、発表しない。(マイナスインパクトについて)ぜんぜんそんなことはなくて、(固定と携帯電話の)両方に入っているお客様数は、全体の加入者数からすると数パーセントです。その部分が、全員入ってもそのくらいの影響しかありません。どちらかと言うと、新たに我々と提携していただいたCATV、FTTH事業者さんと一緒になって、オールauで新しいサービスを作っていきたい。

Q LTEのサービス時期について、秋冬か。端末は。

田中:今年の秋にサービスを開始する予定です。当然スマホは出てきますし、たくさんのものを出して、LTEでも一気に垂直立ち上げをしたいと思っています。

Q 開始時期の人口カバー率は。

田中:数字まで詰めていませんけど、だいたい7割弱か7割くらいになるんじゃないか。

Q 携帯電話と固定通信を融合したサービスで、利用者の利便性は。

田中:今回の一押しは、auスマートパスだと思っています。390円で、500以上のアプリ、アプリ以外にもクーポンなどいろいろと使える。それはスマートフォンだけじゃなくて、これからでてくるテレビ、タブレットにも使えるのが、我々が一番訴求したいポイントです。もう一つはネットワーク。固定のネットワークを使うと本当にさくさくWi-Fiが動きますので、これをなんとかシームレスにしたい。ネットワークの準備は大分できましたので、(二つを)合わせる仕組みとして、まず料金ということで、スマートバリューを出した。もう一つ、それが本当にシームレスに使えるように、あらかじめダウンロードアプリを入れて、ワンタッチで接続できる。それも簡便にシームレスにつなげていこうと思っています。これぞFMCだと思いますし、さらに最初に申し上げたスマートパスを付け加えることで、バリューの面でも、ほぼきれいにできたのかなと思います。

Q パソコンでも、auIDを使うと、公衆無線LANを使うことができるか。

田中:そのようにしたいと思います。我々の端末、提携しているメーカーの端末であれば、マーケットからアプリをダウンロードすればそのままつながる。どこのWi-Fiスポットでも変更することがない、というところまで持っていけていると思います。パソコンもそうしていきたい。

Q ロゴから「by KDDI」を抜いたのは。

田中:前はどちらかというと固定はKDDI、モバイルはauというイメージがありました。これをくっつけて、FMCをやっていくんですけど、そのためには新しいロゴが必要だと思っています。(新しいロゴは)aとuがなんとなくつながっているという感じがしますよね。「新しい自由」をこれから訴求するためにはロゴも替えようということは、だいぶ前から決めていました。

Q セキュリティーについて、昨年はスマホのトラブルがあった。安全と言い切れる自信は。

田中:いわゆるアンチウイルス機能が入っているということと、いろんな問い合わせに対応できるようにしたということで、現時点でスマートフォンでできることはすべて390円のなかに取りこんだと思っています。

Q 当初の売上高予想を変える予定は。

田中:この後、第3四半期の決算発表が待っていますので、その時に発表するつもりです。

Q 今後、スマートフォンを展開していく時代だというコメントを。

田中:私は本当にスマホの時代がくると思いますし、スマホだけじゃなくて、スマートデバイス(機器)がみなさんの行動を取り囲むようになっていくんじゃないかと。楽しい1年になると期待しています。

Q アプリは、グーグルアカウントでは端末をまたいで買い切りで使える。auIDで使うと、KDDIの端末を使っている間だけ、長く使うとそれだけ買い切りより高くなる可能性がある。アップルも独自マーケットを許可するとは思えないが。

田中:我々自身には、すべてのプラットフォームで使えるようにしたいというウィル(意思)があります。アプリに関しては、アイフォーンに対しては一部制限があるんじゃないかとみていますが、これからだんだんブラウザベースのものに変わっていくと思いますので、その世界に向けて踏み出したい。

Q 資本関係のないケイ・オプティコムとも提携したが、経緯は。

田中:思いを同じにしてやろうということです。

Q 割引の原資は。

田中:お互いでシェアすることになります。

  http://mainichi.jp/select/biz/news/20120116mog00m020030000c.html

スポンサーサイト
電力使用状況
ケータイ最新モデル
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

digitalian24

簡単なプロフィールはこちら
※コメント・トラックバック大歓迎ですが、記事内容とあまりにかけ離れた内容の場合は削除させていただく場合があります。ご了承ください。

もうこんな時間ですよ
スポンサードリンク
[AD]
Just MyShop(ジャストシステム)

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

[PR]おすすめ商品

eneloop mobile booster「KBC-L2BS
スマフォ約2回分のバッテリー。僕も使っています。
最新コメント
最新トラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
タグクラウド(試験運用中)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。