スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドコモが21ヶ月ぶりに純増1位奪還へ

ドコモが21ヵ月ぶり純増1位奪還へ それでも喜べない意外な理由

 NTTドコモが、携帯電話の新規契約数から解約数を差し引いた「純増数」で12月の月間1位を獲得した模様であることが複数の関係者の話でわかった。

 純増数は30万件を超えそうで、2010年3月以来、じつに21ヵ月ぶりの快挙だ。

 これまでの20ヵ月間はiPhone4やiPadを投入してきたソフトバンクが独走してきた。それを抜いたことだけでもすごいことだが、12月といえば、通信会社にとって天下分け目の戦いともいえる重要な商戦の時期。ソフトバンクやKDDIが新型iPhone4Sという強力な商品をぶつけてきたなかで勝ったとあって、業界にも驚きの声が上がる。

 しかしながら、ドコモ関係者の顔はどうもすぐれない。というのも、そこには数字のからくりがあるからだ。

 じつはこれ、12月17日に発売されたソニー・コンピュータエンタテインメントの新型携帯ゲーム機「プレイステーション(PS)ヴィータ」の影響なのだ。

 というのも、PSヴィータはインターネット接続をしてオンライン対戦などができるよう携帯電話回線(3G)に対応している。そのため一度起動させれば、ドコモの通信網を103時間(約5000円相当)使えるという代物だ。

 そのため、ドコモにとっては、PSヴィータが売れれば売れるほど契約数が積みあがる。

 ゲーム調査会社エンターブレインによれば、PSヴィータの推計販売台数は12月17日~25日の9日間で40.3万台に上るという。3Gに対応していないモデルもあるため全てではないが、少なくとも数十万件の新規契約が転がりこんでくるというわけだ。

 もともと純増数に「一喜一憂しない」(関係者)とはいえ、iPhoneに追い詰められている現状を前に、なりふり構わぬ戦略をとったのではないか、との指摘もある。

 ようやく首位を奪っても素直に喜べないというのがドコモの本音のようである。

 (「週刊ダイヤモンド」編集部 小島健志)
1月6日(金)20時40分配信
  http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120106-00015597-diamond-bus_all


ドコモが21ヶ月ぶりに純増数で1位を獲得した模様です。
なお、12月末現在の純増数の発表は1月11日夕方の予定です。
スポンサーサイト

11年5月携帯・PHS契約者数

2011年5月の携帯・PHS契約者数が発表されました。
110610_05.png

ソフトバンクモバイルが29万9000件、KDDIが11万900件、イー・モバイルが7万5000件、UQが6万7800件、ドコモが6万3000件となっています。PHSのウィルコムは13万2900件の純増。

ソフトバンクの29万9000件はソフトバンクとして過去2番目に大きい数字、5月としては過去最高ということで、4月末に発売したiPhone4やiPad2、「ホワイト学割」駆け込み需要があったとしています。ウィルコムは13年11ヶ月ぶりに単月10万件を突破、ソフトバンクグループが1位と2位となっています。下の表の通り、東北を除く各地域でもソフトバンクとウィルコムが首位となっています。

黄色に塗りつぶしてあるのは、地域ごとの首位です。

一方のドコモは、KDDIはおろか、イーモバイル・UQ・ウィルコムにも負けて本当の最下位。一体何があったのでしょう。夏モデルの買い控えがあるとはいえ、特に関西地方。全国的に東北への端末供給を優先したのでしょうか?

今後、auはWiMAX対応スマートフォンをどんどん出すそうですし、ソフトバンクはウィルコムと共に営業力がすごい。au+UQのKDDI連合、ソフトバンク+ウィルコムの2大連合にしばらくドコモは苦戦し続けるのかもしれません。

2011年5月末現在 事業者別契約数
  http://www.tca.or.jp/database/2011/05/

4月に東北で選ばれた携帯

2011年4月の携帯・PHS契約者数が発表されました。

110513_01.png

ソフトバンクが一番多く、23万9300契約、次いでドコモが18万8000契約、KDDIが14万100契約、イー・モバイルが7万4400契約、ウィルコムが5万5100契約、UQが9万5800契約となりました。

4月は3月と並んで一年でも契約数が多くなる月ですが、今年は特に地震があったため、被災された方が新たに契約するケースが多かったようです。エリア復旧の速さや緊急地震速報への対応の有無などが選ばれるポイントになったみたいで、ドコモやKDDIが前年同月比で2倍以上の契約があったそうです。


黄色に塗りつぶしてあるのは、地域ごとの首位です。ソフトバンクはやっぱり都市部で強い。

4月の携帯純増数、東北で増 電波復旧に応じ乗り換えも
2011年5月11日23時8分

 東北地方で4月の携帯電話の契約純増数(新規契約分から解約分を引いた数)が、前年に比べて大幅に伸びた。東日本大震災で3月分の契約がずれ込んだほか、携帯が壊れたりなくなったりして新たに契約した人が多かったという。

 携帯各社が11日、東北6県の4月の純増数を発表した。NTTドコモが前年同月の約2.7倍の2万4800件、KDDI(au)が約2.2倍の1万2500件。ソフトバンクモバイルは前年同月の7千件より少ない6700件だった。

 KDDIによると、緊急地震速報に対応している機種を選ぶ客が目立ったほか、基地局の復旧状況をみて携帯会社を乗り換える動きもあったという。

 全国の4月の純増数は、ソフトバンクが前年同月比約11%増の23万9300件で13カ月連続首位。ドコモは同約22%増の約18万8千件、KDDIは同36%増の14万100件だった。

  http://t.asahi.com/2fwf


携帯契約、東北で急増…避難所の高齢者購入か

 東日本大震災で被害を受けた東北地方で、携帯電話の契約数が増えている。

 電気通信事業者協会が11日発表した4月の携帯電話契約数によると、新規契約数から解約数を差し引いた純増数は、NTTドコモが前年同月の2・7倍の2万4800件、KDDI(au)が2・2倍の1万2500件だった。

 一方、ソフトバンクモバイルはほぼ横ばいの6700件だった。ソフトバンクの携帯電話のほとんどが気象庁の「緊急地震速報」を受信できないことが不振の原因とみられ、非常時への対応の差が明暗を分けた。

 東北地方では、津波などで固定電話を失った被災者のうち、携帯電話を持っていなかった高齢者などが避難所などでも利用できる携帯電話を持ち始めたケースが多いとみられる。

 ソフトバンクは、5月以降に発売する機種の大半に緊急地震速報の受信機能を備える。

(2011年5月12日09時28分 読売新聞)
  http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110512-OYT1T00238.htm


2011年4月末現在 事業者別契約数
  http://www.tca.or.jp/database/2011/04/

11年2月携帯・PHS契約者数

2011年2月の携帯・PHS契約者数が発表されました。

【NTTドコモ】
182,900
├Xi 6,800
├2in1 -4,300
├プリペイド -1,600
└モジュール 20,100
iモード/spモード 162,900
MNP -35,500
累計 57,527,000

【KDDI】
143,000
├プリペイド -5,000
└モジュール 48,200
EZweb/IS NET 79,700
MNP -19,300
累計 32,737,300

【ソフトバンクモバイル】
270,100
├ダブルナンバー -600
├プリペイド 11,800
└モジュール 49,200
Yahoo!ケータイ 218,900
MNP 54,800
累計 24,910,600

【イー・モバイル】
54,800
└プリペイド 2,300
EMnet -1,100
MNP ±0
累計 3,059,900

【ウィルコム】
29,600
累計 3,677,000

(CORE 3G)
2.800
累計 134,400

【UQコミュニケーションズ】
75,300
累計 675,600


注目したいのはウィルコム。「誰とでも定額」や「もう1台無料キャンペーン」が功を奏しているようです。

2011年2月末現在 事業者別契約数
  http://www.tca.or.jp/database/2011/02/

11年1月携帯・PHS契約者数

2011年1月の携帯電話・PHS契約者数が発表されました。

◆ドコモ
134,000
├Xi 3,700
├2in1 -6,200
├プリペイド -1,600
└モジュール 16,200
iモード/spモード 151,200
MNP -28,700
累計 57,344,000

◆KDDI
67,000
├プリペイド -6,300
└モジュール 48,400
EZweb/IS NET 12,600
MNP -40,700
累計 32,594,400

◆ソフトバンク
240,600
├ダブルナンバー -600
├プリペイド 8,300
└モジュール 42,700
Yahoo!ケータイ 175,300
MNP 69,200
累計 24,640,500

◆イー・モバイル
81,500
└プリペイド 1,700
EMnet -1,500
MNP 200
累計 3,005,100

◆ウィルコム
-400
累計 3,647,400

(CORE 3G)
3.300
累計 131,600

◆UQコミュニケーションズ
75,900
累計 600,300


純増1位はソフトバンク。先月に引き続き、iPhone4、GALAPAGOS 003SH、PANTONE 3が人気を牽引。

続いて2位はドコモ。スマートフォンに加えデータ通信サービスが好調で、それらの契約数は昨年同月比で約2倍となったそうです。

3位はイーモバイル。「Pocket WiFi S」と「HTC Aria」が好調で300万契約突破。テザリング効果でMNPもプラス(転入超過)。

4位はKDDI。「これ」といった目玉が無かったのか低調。純増数に対してモジュール率高め。

5位はウィルコム。「だれとでも定額」効果で、先月は43,500だった純減が大幅に改善。WILLCOM CORE 3Gと合わせれば差し引きで2,900の純増。

UQは基地局も13,000局まで増加、端末をレンタルでき15日間試すことができるTry WiMAXも人気で端末もほとんど「貸し出し中」。

2011年1月末現在 事業者別契約数
  http://www.tca.or.jp/database/2011/01/

10年12月携帯・PHS契約者数

2010年12月の携帯電話・PHS契約者数が発表されました。

◆ドコモ
169,600
├Xi 1,200
├2in1 -5,600
├プリペイド -1,500
└モジュール 31,800
iモード/spモード 208,100
MNP -32,300
累計 57,210,000

◆KDDI
95,400
├プリペイド -5,500
└モジュール 53,600
EZweb/ISnet 11,300
MNP -37,400
累計 32,527,400

◆ソフトバンク
324,900
├ダブルナンバー -500
├プリペイド 21,700
└モジュール 73,700
Yahoo!ケータイ 221,200
MNP 66,400
累計 24,399,900

◆イーモバイル
71,400
└プリペイド 2,400
EMnet -1,900
MNP -500
累計 2,923,600

◆ウィルコム
-43,500
累計 3,647,800

(CORE 3G)
-800
累計 128,300

◆UQ
89,200
累計 524,400


純増1位はソフトバンクで、相変わらず圧倒的な強さを見せてます。iPhoneやiPadのほか、Androidスマートフォン003SHやPANTONE 3などの冬商戦端末の契約者も多かったそうです。

2位はドコモ。人気のGALAXY Sのほか、LYNX 3D SH-03CやREGZA Phone T-01Cが発売されたこと、また、割安になったXperiaが大幅増の要因となったそうです。さらに、BF-01BやHW-01CなどモバイルWi-Fiルーターも人気。
12月24日に始まったLTE「Xi」は1200件。

3位はKDDI。人気のIS03は機種変更が多く、純増の貢献には至ってないようです。3キャリアからおサイフケータイやワンセグに対応したスマートフォンが出たので、わざわざキャリアを変える必要もないわけですし。
また、IS06の発売が開始されましたが、ドコモでは発売が始まってるREGZA Phone(au版はIS04)がまだ発売されていないなど、端末不足のような理由も考えられます。

4位はイーモバイル。7万1千の純増ですが、UQ WiMAXが9万弱の純増となっています。データ通信はかなりUQに映ってるのではないかと。EMOBILE G4のWi-Fiルーターの投入が急務です。

ウィルコムは4万3千の純減、WILLCOM CORE 3Gも純減となっています(沖縄だけ100件の純増、他地域は純減)。「誰とでも定額」の効果は今月あたりから出てくるのでしょうか。

2010年12月末現在 事業者別契約数
  http://www.tca.or.jp/database/2010/12/

09年10月携帯・PHS契約者数

091110_01.png
091110_02.png

10月の携帯・PHS契約者数が発表されました。先月に比べると各社とも全体的に少なく、秋冬モデル待ちといったところでしょうか。

1位はソフトバンク。MNP、IP接続サービスで唯一プラスとなってます。2位はイーモバイル。各社とも全体的に少なめと書きましたが、ソフトバンクとイーモバイルについては先月と同じ水準です。

3位はドコモ。MNP転出は先月と同レベルですが、純増は保ってます。東海地区は先月に引き続き純減となってます。4位はau。先月はソフトバンクに肉薄し、勢いのあるものでしたが今月は一転、4位まで転落しました。“サンキュー景気対策”はある程度行き渡ったのでしょうか。新機種も月末の投入だったため効果は11月以降になるようです。先月は関東甲信越地区以外を除く全地区で首位でしたが、今月は東北(ドコモと同数)・九州沖縄(九州と沖縄を合算)のみとなってます(緑に塗り粒されているのが地域ごとの首位です)。

ウィルコムは先月よりも純減者が若干ですが増えています。XGPのエリア拡大・サービス充実が求められます。せめて東名阪、いや、首都圏だけでもエリア化してほしいものです・・・。

事業者別契約数(2009年10月末現在)
  http://www.tca.or.jp/database/2009/10/
10月の携帯・PHS契約数、ソフトバンクが3カ月連続純増トップ
  http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20091109_327689.html
嵐の前の静けさ? 純増数が全社10万割れ――10月契約数
  http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0911/09/news052.html


電力使用状況
ケータイ最新モデル
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

digitalian24

簡単なプロフィールはこちら
※コメント・トラックバック大歓迎ですが、記事内容とあまりにかけ離れた内容の場合は削除させていただく場合があります。ご了承ください。

もうこんな時間ですよ
スポンサードリンク
[AD]
Just MyShop(ジャストシステム)

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

[PR]おすすめ商品

eneloop mobile booster「KBC-L2BS
スマフォ約2回分のバッテリー。僕も使っています。
最新コメント
最新トラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
タグクラウド(試験運用中)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。