スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DSC-WX1@新宿

新宿駅南口、サザンテラス界隈で夜景・イルミネーションを少し撮ってみました。手持ち夜景モードとスイングパノラマモードです。画像はクリックすると拡大します。
091113_03.jpg
091113_04.jpg
091113_05.jpg
091113_06.jpg

すごいし、おもしろすぎる。
 
スポンサーサイト

カードリーダー購入

昨日も書いたとおり、メモリースティックに対応したカードリーダーが無かったため、買ってきました。エレコムのMR-W37HWHです。micoroSDもアダプタ無しで使用可、Windows7対応。
091031_01.jpg

DSC-WX1ですが、スイングパノラマのWIDEで撮影すると、最後まで撮影しきれずに途中で撮影が終了されちゃいます。時間制限でもあるのか?急いでスイングすれば間に合うんですが、それじゃ何を撮ってるか分からない画像に・・・。ちょっと疑問です。
 

Cyber-shot DSC-WX1購入

家にあった不要なカメラを買い取ってもらおうとキタムラに行ったところ、思っていたよりいいお値段がつき、帰り道はCyber-shot DSC-WX1をぶら下げてました・・・。
091030_01.jpg

もともと気になってたデジカメで、遅かれ早かれ買おうとは思っていましたが、衝動買いもいいとこです・・・。

DSC-WX1の詳細は公式サイトやレビューページなどにお任せしますが、“ウリ”はやはり「手持ち夜景モード」でしょうか。
下の画像はちょうどいい被写体が無かったので適当に撮ったものですが、手持ち・最大ズーム倍率・手持ち夜景モードで撮影したものです。画像はリサイズのみ(クリックすると拡大します)。
091030_03.jpg

夜景を手持ちで、しかもズーム最大で撮れば普通ならブレブレ画像になってしまいますが、手持ち夜景モードは1回のシャッターで6枚連写し、合成することでブレやノイズの少ない画像ができあがります。

このほか、1度に最大100枚の静止画を撮影して最大256度のパノラマ写真が撮れる「スイングパノラマ」というおもしろい機能もあります。
091030_02.jpg
シールもストラップも最初からついてました。

今までLUMIXを2台続けて使ったせいもあってか、使い勝手(操作性)はPanasonicに軍配。
(デジカメ歴ではCyber-shotは2台目、かなり前なのでもう忘れてます)
このDSC-WX1は撮った画像を見たい場合、電源を入れると毎回レンズが出てきます。LUMIXは撮影<=>プレビューの切り替えスイッチがあるので、撮影せずに画像を見たいだけの場合は電源を入れてもレンズが出てきません。
それから、前に使っていたCyber-shotはバッテリー残量が分表示でしたが、DSC-WX1では一般的な表示になってました。
サイズも今まで使ってたLUMIXより小さく、重さも軽くなりました。手に対して少し小さすぎて扱いにくい・・・。

メモリーカードのカードリーダーが今使っているやつはSD限定なので、MS対応のものを明日買ってきます。すっかり忘れてた。

公式サイト
  http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-WX1/
レビュー記事リンク
  http://digitalian24.blog10.fc2.com/blog-entry-210.html


電力使用状況
ケータイ最新モデル
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

digitalian24

簡単なプロフィールはこちら
※コメント・トラックバック大歓迎ですが、記事内容とあまりにかけ離れた内容の場合は削除させていただく場合があります。ご了承ください。

もうこんな時間ですよ
スポンサードリンク
[AD]
Just MyShop(ジャストシステム)

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

[PR]おすすめ商品

eneloop mobile booster「KBC-L2BS
スマフォ約2回分のバッテリー。僕も使っています。
最新コメント
最新トラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
タグクラウド(試験運用中)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。