スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イー・アクセス(イー・モバイル)、2012年3月サービス開始に向け試験運用

イー・アクセスは11月1日より、LTE商用ネットワークによる試験運用を開始したと発表しました。

イー・アクセスでは、1.7GHz帯を利用したLTEサービスを2012年3月より関東エリアにて開始することを目指しており、今回の試験運用では東京都内・茨城県内・神奈川県内にて下り最大75Mbps以上/上り最大25Mbps以上のスループット確認やネットワーク品質確認、ハンドオーバー確認などの商用環境下による検証・評価を実施します。



2011年3月期第2四半期決算 プレゼン資料より


既存のHSPA基地局のLTE化を進めることにより、早期なLTEネットワーク展開を構築し、2012年度末にはLTEの人口カバー率を70%にまで拡大するとしています。さらに、通信速度も早期に下り112Mbpsを実現したいとしています。

通信速度については、現在利用している1.7GHz帯の15MHz幅×2の計30MHzのうち、DC-HSPA方式(EMOBILE G4)のエリアでは10MHz幅×2を使用しています。下り最大75MbpsのLTEサービスでも10MHz幅×2が必要なため、EMOBILE G4エリア以外の地域で75MbpsのLTEを展開するとしています。都心部ではEMOBILE G4のエリア展開がされているため、当初は最大37.5Mbpsでのサービスとなるそうです。

LTE 商用ネットワークの試験運用について
~ LTE屋内外最速、下り最大75Mbpsサービス~
  http://www.eaccess.net/cgi-bin/press.cgi?id=1176


イー・アクセス決算、千本氏がソフトバンク孫氏に「遺憾」
  http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20111104_488745.html


【最終更新】11/5 2:25
スポンサーサイト

ソフトバンクが来年LTE対応スマートフォン発売へ

ソフトバンクモバイルが、2012年にもLTEサービスに対応したスマートフォンを発売する方針、と毎日新聞が報じました。

ソフトバンクモバイルでは現在、第3世代携帯電話の「SoftBank 3G」、HSPAサービスの「3G ハイスピード」、DC-HSDPAサービスの「ULTRA SPEED」でデータ通信を行っており、さらに、WCPのMVNOとして「SoftBank 4G」(AXGP、TD-LTE互換)の提供を開始する予定です。

それに加え、来年2012年中にも2GHz帯を使用したLTEサービスを開始するというものです。

現在ドコモでは「Xi(クロッシィ)」というサービス名でLTEサービスを提供しており、KDDIも2012年末よりサービスを開始する予定です。

ソフトバンク:来年中にLTEスマホ…回線の混雑解消図る

2011年11月3日 9時57分 更新:11月3日 11時49分

 ソフトバンクモバイルは2日、来年中に高速無線通信「LTE」のサービスを開始し、対応するスマートフォン(多機能携帯電話)を発売する方針を明らかにした。

 従来の3倍の大容量データ通信が可能なLTEの導入で通信回線の混雑解消を図るとともに、スマートフォンの高速通信対応で先行するNTTドコモなどに対抗する。主力機種の「iPhone(アイフォーン)」の独占販売が崩れた状況を、通信回線の強化で挽回する構えだ。

 LTEは、利用する周波数幅により最大毎秒100メガビットの光通信並みの高速通信が可能な通信規格。ドコモは昨年12月から「Xi(クロッシィ)」の名称で同37.5メガビット(一部の屋内同75メガビット)のサービスを始め、対応スマートフォンも月内に発売する。KDDI(au)は今春から同40メガビットの「ワイマックス」対応スマートフォンを発売し、LTEも来年末の開始を目指す。

 ソフトバンクはLTEに、アイフォーンなどが使う3G回線向け周波数(2ギガヘルツ帯)の一部を振り向け、同37.5メガビットのサービスから始める。傘下のウィルコムが開発した次世代PHS技術を基盤に同110メガビットの「AXGP」(サービス名・ソフトバンク4G)を来年2月に開始予定だが、国内メーカーが対応スマートフォンの開発を進めているLTEの方が品ぞろえしやすいと判断した。

  http://mainichi.jp/select/today/news/20111103k0000e020007000c.html

ドコモのLTEサービス「Xi」、来年度にも下り最大100Mbpsへ

現在、下り最大37.5Mbps(一部屋内施設では最大75Mbps)でサービス展開されているNTTドコモのLTEサービス「Xi(クロッシィ)」ですが、2011年度第2四半期の決算説明会において、2012年度後半には下り最大100Mbpsを実現させ、2014年度は全国に拡大することを発表しました。

また、2015年度に向けて、1GbpsのLTE-Advancedサービスをスタートすることも言及しました。

Xiサービスエリアの展開も予定より加速し、
  • 2011年度末:人口カバー率20%・基地局約5,000局 → 約25%・約7,000局
  • 2012年度末:人口カバー率40%・基地局約15,000局 → 約60%・約20,000局
  • 2014年度末:人口カバー率70%・基地局約35,000局 → 約98%・約50,000局
としました。2010~2012年度までのXi設備投資額は300億円上乗せした約3,300億円、2013~2015年度は約5,500億円を投入する予定です。



2012年3月期 第2四半期決算説明会資料より

ドコモのLTE「Xi」、全国主要6都市にエリア拡大


ドコモは、LTEサービス「Xi(クロッシィ)」を7月1日より、東名阪に加え、全国主要6都市でサービス開始すると発表しました。

「Xi」は昨年12月24日から東名阪でサービス開始、下り最大37.5Mbps、上り最大12.5Mbps(一部屋内施設では下り最大75Mbps、上り最大25Mbps)の高速通信が可能なデータ通信サービスで、Xiエリア外ではFOMAネットワークに繋がります。7月1日からは、新たに札幌・仙台・金沢・高松・福岡の6都市でも利用できるようになります。ただし、市役所や駅周辺など中心部中心のエリア展開となっています。
また、既にサービスが始まっている東名阪でも、エリアが拡大します。

今後ドコモは、今年度中をめどに県庁所在地クラスの都市へ、来年度には全国主要都市へエリアが拡大する予定です。

Xi(クロッシィ)エリアを全国主要6都市へ拡大
  http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2011/05/30_00.html
Xi(クロッシィ)サービスエリア
  http://www.nttdocomo.co.jp/support/area/xi/

ドコモのLTE、通信速度を光回線並みに

ドコモ、高速携帯の通信速度を光回線並みに 14年メド
スマートフォンの利用拡大促す
2011/1/11 0:34

 NTTドコモは2010年12月に開始した高速の携帯電話サービス「Xi(クロッシィ)」の通信速度を14年に現行の約2.5倍の毎秒100メガ(メガは100万)ビットに高める。光ファイバー回線と同等の回線速度を携帯電話で実現できるようになる。通信速度を売り物に、スマートフォン(高機能携帯電話)などの利用拡大につなげる。

 Xiの現在の通信速度は、室内が毎秒75メガビットで屋外が37.5メガビット。携帯電話の通信速度は使用する電波の帯域が増えると上がる。現在使っている電波帯域に加え、12年にも新たに取得する新周波数帯を使うことで100メガビットに高める。

 Xiは理論上、さらに通信速度を高めることが可能。既存の第3世代の携帯電話サービスからの移行が進めば使用する帯域を増やし、14年以降に300メガビット程度まで速度を高めることも検討する。

 ドコモはXiを14年までに全体の4分の1に当たる1500万回線に拡大する目標を掲げており、通信速度の向上や対応端末の拡充が課題となっている。イー・モバイルやソフトバンクなど通信各社も40メガビットを超える通信速度の新サービスを開始するなど、競争も激化している。

  http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819696E2E5E29A918DE3E2E2E3E0E2E3E3869891E2E2E2


※有料記事ですが、日経のシステム不具合により1月11日11:30現在、全記事無料解放中です。

帯域が足りないために現在の75Mbpsエリアも一部の屋内施設に限られているそうです。帯域を確保することで、高速化が可能になります。

ドコモのLTE「Xi」の実力は?

サービス開始!LTEの実力をチェックしてみた!
  http://www.rbbtoday.com/article/2010/12/29/73200.html


【LTE実測】大阪・名古屋5カ所で試す、栄では下り14.9Mbpsも
  http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20101226/1029347/?P=1


上りの速度があまり出ていないようですが、商用サービス開始直後で実際のユーザーの利用動向を踏まえてチューニングを行っているそうです。

ドコモのLTE「Xi(クロッシィ)」いよいよスタート

101110_02.png

ドコモのLTEサービス「Xi(クロッシィ)」が12月24日、スタートしました。LTE(Long Term Evolution)は現行の3Gを発展させて標準化された通信方式で、Xiは当初、東名阪でサービスを開始し、端末はデータ通信端末のみですが、来春にもモバイルWi-Fiルーター、来冬には対応したスマートフォンもリリースする予定だそうです。

ドコモの「Xi」スタート、山田社長「スマートフォンは来冬」
  http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20101224_416928.html
 セレモニー終了の囲み取材で、今後の端末ラインナップを尋ねられると、「来年の冬モデルくらいから(LTE対応の)スマートフォンを投入したいと考えている」とコメント。iモード対応の従来型の携帯電話よりも、スマートフォンのほうが高速通信を活かせることから、LTE対応の音声端末はスマートフォンだけにする可能性が高いとした。なお、Xi対応端末として、来年度の早い時期にモバイルWi-Fiルーターも投入される計画だ。


NTTドコモ:次世代携帯通信LTEを開始 どんなもの?
  http://mainichi.jp/select/biz/it/news/20101225k0000m020079000c.html

 NTTドコモは24日、国内初の次世代携帯通信サービス「LTE」を、東京、大阪、名古屋地区で始めた。サービス名は「Xi(クロッシィ)」で、光ファイバー並みの高速通信が特徴。利用者にとって何がどう変わるのかをQ&Aでまとめた。

101225_01.jpg

携帯大手3社の高速通信サービス比較※月額料金のLTEは2年契約で5ギガバイト以内利用時の上限額、WiMAXは1年契約時

 Q 通信速度はどれくらい速くなる。

 A 最大毎秒75メガビットで、現在の携帯電話の約10倍。光回線など固定ブロードバンドと遜色のないスピードが出ます。ただ、最高速が出るのは、空港や駅など一部の屋内施設で、屋外は半分になります。

 Q 何ができるようになるの。

 A 動画をスムーズに見られるのはもちろん、歴史遺産の前で携帯電話のディスプレーをかざすと、昔の街並みや情報を表示するようなサービスが高速・大容量の通信により可能になります。また、話し言葉をネットワーク上のコンピューターで瞬時に外国語に翻訳するようなサービスも考えられます。

 Q 全国で使えるようになるのはいつ。

 A 11年度中に全国県庁所在地級都市、12年度中に全国主要都市へ広げ、14年度中に人口カバー率70%を目指しています。

 Q 携帯電話でも使えるの。

 A 最初はパソコン向けのデータ通信端末だけですが、来年冬にはスマートフォン(多機能携帯電話)も発売される予定です。

 Q 他の携帯会社はLTEを提供しないの。

 A LTEを発展させた技術が、近い将来導入される第4世代携帯電話の国際規格に採用されることが決まっており、他社もいずれLTEを提供する予定です。ただ、需要を確認してから導入したいといった思惑もあり、参入は2年後以降の見通しです。それまで、KDDIはグループ会社が提供するWiMAX(ワイマックス)、ソフトバンクはDC-HSDPAやウィルコムから継承した次世代PHSなどの現行技術を、つなぎとして展開する方針です。

 Q ドコモがLTEを推進する理由は。

 A ネットワーク上で高度なサービスを提供できるので、「iモード」のような独自サービスを開発するチャンスが出てくると期待するためです。


LTEサービス「Xi」(クロッシィ)
  http://www.nttdocomo.co.jp/xi/

電力使用状況
ケータイ最新モデル
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
01 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

digitalian24

簡単なプロフィールはこちら
※コメント・トラックバック大歓迎ですが、記事内容とあまりにかけ離れた内容の場合は削除させていただく場合があります。ご了承ください。

もうこんな時間ですよ
スポンサードリンク
[AD]
Just MyShop(ジャストシステム)

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

[PR]おすすめ商品

eneloop mobile booster「KBC-L2BS
スマフォ約2回分のバッテリー。僕も使っています。
最新コメント
最新トラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
タグクラウド(試験運用中)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。