スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドコモのLTE「Xi」の実力は?

サービス開始!LTEの実力をチェックしてみた!
  http://www.rbbtoday.com/article/2010/12/29/73200.html


【LTE実測】大阪・名古屋5カ所で試す、栄では下り14.9Mbpsも
  http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20101226/1029347/?P=1


上りの速度があまり出ていないようですが、商用サービス開始直後で実際のユーザーの利用動向を踏まえてチューニングを行っているそうです。
スポンサーサイト

フレッツ光、大幅値下げで5800円前後へ!?

NTT、光回線最大4割値下げ 来春メドに新料金
他社接続料、3年で25%下げへ
  http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C93819696E0EAE291868DE0EAE3E0E0E2E3E29F9FEAE2E2E2


※会員限定記事です。無料会員でも閲覧できます。

記事を要約すると、接続料(NTTが他社に光回線を貸し出す際の卸料金)を現行の4610円(NTT東)から11年度に3900円、12年度に3700円、13年度に3500円と今後3年で25%程度値下げ(NTT西は現行の4932円から13年度に3900円台)するほか、「フレッツ光」でも新たに月々の基本料金3000円程度の料金プランを新設、通信料が増えると料金が上がる従量制とし、上限額は5800円前後にするというもの。NTT東は来春、NTT西は来年中に開始予定。

ネットでは、「値上げだ」との声も見られますが、現行の料金(月額5200円、戸建て向け)も残されるので、心配はいりません。値下げにはなってないですけど。

101229_01.png


本日の一部報道についてのコメント
 本日、光サービスの料金や接続料の値下げについて一部報道がありましたが、現時点検討中であり、具体的に決まったものはありません。
  http://www.ntt.co.jp/news2010/1012/101229a.html

携帯販売ランキング、上位7機種がスマートフォン

101225_02.png

1位 NTTドコモ REGZA Phone T-01C
2位 NTTドコモ GALAXY S
3位 NTTドコモ LYNX 3D SH-03C
4位 au IS03
5位 ソフトバンクモバイル GALAPAGOS 003SH
6位 ソフトバンクモバイル iPhone 4(32Gバイト)
7位 ソフトバンクモバイル iPhone 4(16Gバイト)
8位 NTTドコモ SH-04C
9位 NTTドコモ P-07B
10位 NTTドコモ P-03C

ついに上位7モデルがスマートフォンに――初登場「REGZA Phone T-01C」の順位は?
  http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1012/24/news095.html


10機種中、上位7機種がスマートフォンで、さらに上位3機種はドコモのAndroid端末です。

ドコモのLTE「Xi(クロッシィ)」いよいよスタート

101110_02.png

ドコモのLTEサービス「Xi(クロッシィ)」が12月24日、スタートしました。LTE(Long Term Evolution)は現行の3Gを発展させて標準化された通信方式で、Xiは当初、東名阪でサービスを開始し、端末はデータ通信端末のみですが、来春にもモバイルWi-Fiルーター、来冬には対応したスマートフォンもリリースする予定だそうです。

ドコモの「Xi」スタート、山田社長「スマートフォンは来冬」
  http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20101224_416928.html
 セレモニー終了の囲み取材で、今後の端末ラインナップを尋ねられると、「来年の冬モデルくらいから(LTE対応の)スマートフォンを投入したいと考えている」とコメント。iモード対応の従来型の携帯電話よりも、スマートフォンのほうが高速通信を活かせることから、LTE対応の音声端末はスマートフォンだけにする可能性が高いとした。なお、Xi対応端末として、来年度の早い時期にモバイルWi-Fiルーターも投入される計画だ。


NTTドコモ:次世代携帯通信LTEを開始 どんなもの?
  http://mainichi.jp/select/biz/it/news/20101225k0000m020079000c.html

 NTTドコモは24日、国内初の次世代携帯通信サービス「LTE」を、東京、大阪、名古屋地区で始めた。サービス名は「Xi(クロッシィ)」で、光ファイバー並みの高速通信が特徴。利用者にとって何がどう変わるのかをQ&Aでまとめた。

101225_01.jpg

携帯大手3社の高速通信サービス比較※月額料金のLTEは2年契約で5ギガバイト以内利用時の上限額、WiMAXは1年契約時

 Q 通信速度はどれくらい速くなる。

 A 最大毎秒75メガビットで、現在の携帯電話の約10倍。光回線など固定ブロードバンドと遜色のないスピードが出ます。ただ、最高速が出るのは、空港や駅など一部の屋内施設で、屋外は半分になります。

 Q 何ができるようになるの。

 A 動画をスムーズに見られるのはもちろん、歴史遺産の前で携帯電話のディスプレーをかざすと、昔の街並みや情報を表示するようなサービスが高速・大容量の通信により可能になります。また、話し言葉をネットワーク上のコンピューターで瞬時に外国語に翻訳するようなサービスも考えられます。

 Q 全国で使えるようになるのはいつ。

 A 11年度中に全国県庁所在地級都市、12年度中に全国主要都市へ広げ、14年度中に人口カバー率70%を目指しています。

 Q 携帯電話でも使えるの。

 A 最初はパソコン向けのデータ通信端末だけですが、来年冬にはスマートフォン(多機能携帯電話)も発売される予定です。

 Q 他の携帯会社はLTEを提供しないの。

 A LTEを発展させた技術が、近い将来導入される第4世代携帯電話の国際規格に採用されることが決まっており、他社もいずれLTEを提供する予定です。ただ、需要を確認してから導入したいといった思惑もあり、参入は2年後以降の見通しです。それまで、KDDIはグループ会社が提供するWiMAX(ワイマックス)、ソフトバンクはDC-HSDPAやウィルコムから継承した次世代PHSなどの現行技術を、つなぎとして展開する方針です。

 Q ドコモがLTEを推進する理由は。

 A ネットワーク上で高度なサービスを提供できるので、「iモード」のような独自サービスを開発するチャンスが出てくると期待するためです。


LTEサービス「Xi」(クロッシィ)
  http://www.nttdocomo.co.jp/xi/

IC乗車券10種、2013年春の相互利用へ

101222_01.gif

交通系ICカードの相互利用サービスの検討を開始しました(※PDFファイル)
  http://www.jreast.co.jp/press/2010/20101215.pdficon_pdf.gif


1枚で全国の鉄道に乗れる――IC乗車券10種、2013年春の相互利用へ
  http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1012/21/news063.html
 東日本旅客鉄道、北海道旅客鉄道、PASMO協議会、名古屋市交通局、名古屋鉄道、東海旅客鉄道、スルッとKANSAI協議会、西日本旅客鉄道、福岡市交通局、西日本鉄道、九州旅客鉄道の11社は12月20日、それぞれが発行しているICカード乗車券の相互利用の検討を開始したと発表した。2013年春の実現を目指す。


11社相互利用が実現すると、ICカードどれか1枚持っていれば全国どこでも(四国除く)利用できるようになれそうです。ただし、相互利用可能となるのは交通乗車券のみだそうで、電子マネー機能の相互利用やモバイルSuicaのような携帯端末向けサービスについては未定だそうです。

KDDIが電子書籍サービス開始

電子書籍配信サービス「LISMO Book Store」の提供開始について
  http://www.kddi.com/corporate/news_release/2010/1221a/
電子ブックリーダー「biblio Leaf SP02」の販売開始および専用料金プラン「biblio Leafプラン」の提供開始について
  http://www.kddi.com/corporate/news_release/2010/1221/


auが電子書籍サービス開始、専用端末や専用料金プランなど発表
  http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20101221_416092.html

101221_02.jpg
101221_03.jpg
101221_04.jpg


フォントって大事だなぁとつくづく思いました。

ドコモ「電池パック安心サポート」改定へ

101221_01.jpg

「電池パック安心サポート」サービスの提供内容の変更
  http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2010/12/21_01.html


新たにスマートフォン向けポータブル充電器「FOMA補助充電アダプタ02」が追加されるほか、提供条件(必要ポイント)が変更になります。
スマートフォン向けの電池パックやFOMA補助充電アダプタ01/02は、通常の携帯電話の電池パックと比べると高額なため、必要ポイントを変更するというもの。理由は分かりますが、せめてプレミアステージはもう少し優遇してもいいんじゃないかと。
10月にはドコモポイントの付与ポイントの変更などの発表もあったばかりで、改善された点もありますが、地味な改悪も続いています。
電力使用状況
ケータイ最新モデル
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

digitalian24

簡単なプロフィールはこちら
※コメント・トラックバック大歓迎ですが、記事内容とあまりにかけ離れた内容の場合は削除させていただく場合があります。ご了承ください。

もうこんな時間ですよ
スポンサードリンク
[AD]
Just MyShop(ジャストシステム)

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

[PR]おすすめ商品

eneloop mobile booster「KBC-L2BS
スマフォ約2回分のバッテリー。僕も使っています。
最新コメント
最新トラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
タグクラウド(試験運用中)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。