スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「おサイフ」世界へ発信 ドコモなど、国際規格にくら替え

「おサイフ」世界へ発信 ドコモなど、国際規格にくら替え
2011.1.29 05:00

 日本の“専売特許”だった「おサイフケータイ」が一挙に世界標準サービスに拡大する。といっても「日本発」ではなく、新たな短距離無線通信の国際規格「NFC」に置き換わることを意味する。米グーグルのアンドロイド携帯に続き、米アップルもiPhone(アイフォーン)の次期モデルに同規格を採用する見通し。2大スマートフォン陣営の参入で流れは決し、“ガラパゴス”化を避けたいNTTドコモなど日本勢も早急に独自の国内標準からNFCに乗り換える。

 ◆34兆円巨大市場

 スペイン・バルセロナで2月14日に開かれる世界最大の携帯電話見本市「モバイル・ワールド・コングレス」。そこにグーグルやアップル、ノキア、サムスンやLG電子といったスマートフォンの主役たちが集結し、NFCを合言葉に2011年からの新たなビジネスモデルを競演する。その先には、民間調査会社のシード・プランニングが予想するように、15年に約10億台、金額にして約34兆円というNFC搭載端末の巨大市場が見えているからだ。

 搭載機の普及加速により、日本ではおなじみとなった携帯電話を読み取り機にかざすだけで買い物などができるサービスが、世界中で始まる。

 しかし、日本の携帯電話事業者にとっては、NFCの急拡大は痛しかゆしだ。NTTドコモやKDDI、ソフトバンクモバイルが提供しているおサイフケータイはいずれもNFC準拠とはいえ、日本独自仕様の「Felica(フェリカ)」。アイフォーンをはじめNFCチップを搭載した海外製スマートフォンが日本市場に大量に輸入されれば、フェリカが駆逐されるのは火を見るより明らかだからだ。読み取り機の交換が必要になるケースもある。

 ◆フェリカ頭打ち

 おサイフケータイは、フェリカチップを内蔵した携帯電話や、同端末を利用する決済サービスなどの総称。ドコモの登録商標だが、KDDI、ソフトバンクモバイルなどにライセンス提供されており、国内では業界標準となっている。

 フェリカはJR東日本のスイカのほか流通大手や航空会社、マクドナルドなどにも採用されている。しかし、「このところは伸びも頭打ち。ライセンス料に加えて、事実上の国内限定規格なので携帯電話はNFCに替わっていく」(携帯電話事業者幹部)とみている。

 おサイフケータイの名付け親であるドコモは「モバイル・ワールド・コングレス」で、同社として初めてのNFC規格の情報読み取りシステムを出展。携帯電話でライブ予約と決済を実演する予定だ。

 ドコモは13年をめどに、おサイフケータイの中身をフェリカからNFCに入れ替える。ドコモの端末で、世界のどこでも決済サービスなどを利用できるようにするためには、乗り遅れは許されない。

 ◆相次ぐ実証実験

 KDDI、ソフトバンクモバイルと韓国最大手のSKテレコムの3社は昨年7月に、NFC規格によるサービス基盤の相互利用などの実証実験に着手。「モバイル・ワールド・コングレス」開催前に成果を発表する見通しだ。KDDIは「ドコモより早く提供する」(新規ビジネス推進本部)方針で対応を急いでおり、国内でも、クレディセゾンやトヨタ自動車、全日空、凸版印刷など24社と協力して実証実験を開始。東京・銀座の街路灯110カ所にNFCコードを装着し、携帯電話(100台)で周辺の店舗情報や避難場所などの情報を取得する実験を続けている。

 ソフトバンクモバイルも17日にアンドロイドOS搭載のスマートフォンで内外8社と同様の実験を開始したばかりで、3月末まで技術検証などを行う。同社モバイルペイメント企画室の木下直樹室長は「商用サービスを見据えた話も出ており、海外との同期を取りながら進めていく」と述べ、世界で通用するおサイフケータイへの移行を鮮明にする。

 国際標準に屈する形だが、サービスではおサイフケータイで培った日本勢には実績がある。NFC採用でそうしたサービスを拡充し、世界の携帯電話市場で日本の存在感を示せるか、真価が問われる。

  http://www.sankeibiz.jp/business/news/110129/bsj1101290501000-n1.htm


スポンサーサイト

ドコモ、スマートフォン絶好調、4月以降全機種SIMロック解除

ドコモは1月28日、2010年度第3四半期(9月~12月)の決算を発表し、会見の中でスマートフォンの販売台数などにも触れられました。

ドコモは12月末までに累計126万台のスマートフォンを販売し(12月単月45万台)、Xperiaは約60万台、Galaxy Sは約30万台売れたそうです。さらに、1月23日までで累計150万台を販売し、通期目標だった130万台を突破。目標を+100万台上乗せ、通期累計250万台を目標とするそうです。

2011年度のスマートフォン販売台数は600万台前後を想定、以前はスマートフォンと一般的な携帯電話の販売台数逆転は2013年度としていましたが、ドコモ山田社長によると2012年度に逆転する可能性もあり、ドコモの想定を上回るスピードでスマートフォンへのシフトが加速しているとしています。

また、山田社長は、タブレット端末など2台目需要を見込み、「プラスアルファの割り引き」も検討しているとったそうです。

さらに、4月以降に発売する全モデルでSIMロック解除機能を搭載する予定で、iモードなどのサービスが使えなくなる重要事項・注意事項にユーザーが同意すればドコモショップでSIMロック解除を実施するそうです。

ドコモ決算は減収増益、スマートフォンやSIMロック解除に言及
  http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20110128_423494.html


「爆発的」スマートフォン ケータイとの販売逆転は「2012年度」――ドコモ決算会見
  http://www.itmedia.co.jp/promobile/articles/1101/28/news115.html

ドコモ、新たなパケット定額サービス

これまで上限5,985円でしたが、「パケ・ホーダイ フラット」は月額5,460円一定で、「パケ・ホーダイ ダブル2」は下限額2,100円から上限額5,985円で利用できる定額サービスです。

また、端末の購入をサポートする「月々サポート」も提供開始します。これは「月月割」(ソフトバンク)や「毎月割」(au)などと同じで、毎月の利用料金から一定額を割り引くもので、従来の「パケ・ホーダイダブル」などでは対象にならず、前述の「パケ・ホーダイフラット」「パケ・ホーダイダブル2」などへの加入が条件となります。

スマートフォン購入をはじめ、端末購入は3キャリアともこの方式になりました(ドコモのいわゆる「ガラケー」や、auの一部モデルはのぞく)。正直言ってこういう買い方は好きではありません。。。

ディズニーモバイルスマートフォン初登場

110129_02.jpg

ディズニーモバイルが大人の女性へ向けたスマートフォン「DM009SH」を来月中旬以降に発売すると発表しました。

ベースはソフトバンクの「003SH」(シャープ製)で、Android2.2にワンセグ・おサイフケータイ・赤外線・デコレメールなどに対応。さらに、ホーム画面をディズニーモバイル限定のものにしたり、メール・カメラ・スケジューラーなどディズニーらしさが満載のDisneyアプリが楽しめます。

製品情報 DM009SH
  http://disneymobile.jp/product/dm009sh/
大人の女性にむけたスマートフォンサービスを開始(※PDFファイル)
  http://disneymobile.jp/cms/news/cms/file/dm009sh_110127.pdficon_pdf.gif

SCEが3G通信対応の携帯型ゲーム機発表

110129_01.jpg

SCE(ソニーコンピュータエンタテイメント)が「次世代携帯型エンタテイメントシステム」を発表しました。今年2011年末に発売予定で、「NGP」(Next Generation Portable)というコードネームが明らかにされています。

NGPはWi-Fiに加えて3G通信機能も搭載、ディスプレイは5インチ(960×544ドット)約1677万色表示の有機ELとなっています。

また、SCEは「PlayStation Suite」を発表、これはAndroid端末上でプレイステーションのコンテンツを楽しめるようにするというもので、2011年中にも提供が開始される見込みで、初代プレステの名作タイトルが提供されるそうです。

次世代携帯型エンタテインメントシステムを発表
~究極のポータブルエンタテインメント体験を提供し、携帯ゲーム機市場の更なる拡大を目指す~
  http://www.scei.co.jp/corporate/release/110127a.html
アンドロイド端末向けにプレイステーションの世界を提供する
PlayStation®Suite「プレイステーション スイート」を発表
  http://www.scei.co.jp/corporate/release/110127b.html


SCEが3G通信対応の携帯型ゲーム機発表、Android向け展開も
  http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20110127_423075.html


ソニーが新型PSP「Next Generation Portable(NGP)」を正式発表、超ハイスペックで新メディア採用
  http://gigazine.net/news/20110127_ngp/

auが「繋がらないスマートフォンは意味ない」など60本のCM開始

110128_03.jpg
110128_04.jpg

KDDIのAndroid auの新CMが60パターン発表され、順次放送が開始されました。
なかには、「繋がらないスマートフォンなんて、意味ないですよね?」や、白い犬を出して「ホントは喋れるんでしょ?」、また、「フラッシュのウェブサイトもちゃんと見られるらしいよ」など、同業他社を皮肉ってるようなCMもあります。

CMはこちらから見ることが出来ます
  http://android-au.jp/whats/

エリア制限なしで民放FM52局が聞ける「LISMO WAVE」

110128_02.png

KDDIは、全国の民放52局の放送を全国どこでも聞くことが出来るサービス「LISMO WAVE」を1月26日開始しました。3G回線または無線LANを利用し、利用料金は月額315円(5月末までは無料)。対応端末は、IS03、IS04、IS05、T006で、順次拡大予定。

配信は実際の放送から5分程度の遅延が発生、バッファを生成し配信サーバーと端末側に用意することにより、通信が途切れても5分程度の聴取が可能となるそうです。

音楽ストリーミングサービス「LISMO WAVE」の提供開始について
  http://www.kddi.com/corporate/news_release/2011/0125b/


KDDI、LISMOで民放FM52局が聞けるサービス
  http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20110125_422465.html


端末へFMラジオ機能を積極的に搭載したり、全国FM連合との取り組み「Meet The Music」など、KDDIがラジオ(FM)へ力を入れていることは有名ですが、まさかこういったサービスが出てくるとは驚きです。こういった取り組みもあって、全国各局が一斉に(J-WAVEは3月から)スタートできたのだと思います。

LISMO WAVE
  http://www.au.kddi.com/seihin/ichiran/smartphone/app/lismo/lismowave/

電力使用状況
ケータイ最新モデル
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

digitalian24

簡単なプロフィールはこちら
※コメント・トラックバック大歓迎ですが、記事内容とあまりにかけ離れた内容の場合は削除させていただく場合があります。ご了承ください。

もうこんな時間ですよ
スポンサードリンク
[AD]
Just MyShop(ジャストシステム)

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

[PR]おすすめ商品

eneloop mobile booster「KBC-L2BS
スマフォ約2回分のバッテリー。僕も使っています。
最新コメント
最新トラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
タグクラウド(試験運用中)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。