スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

auの今後のインフラ

110430_01.png
http://twitter.com/yuhkun/status/63273940474281985

プレス発表などはないようですが、KDDIの中の人がつぶやいています。ネットワーク側で調整するため、(最大速度は変わらないそうですが)既存機種でも恩恵を受けられるそうです。

また、4月28日付けの週刊モバイル通信では、KDDIの今後のインフラ戦略について触れられています。

+WiMAXモデル

先日、モバイルWiMAX対応のスマートフォン「htc EVO WiMAX ISW11HT」を発売したばかりですが、他社からLTE対応スマートフォンが出てくるまでには「選べるラインナップを揃える」としています。ドコモは今年の冬モデルでXi(LTE)対応スマートフォンをリリースする予定なので、KDDIでは冬までにモバイルWiMAX対応スマートフォンのラインナップを拡充するようです。KDDIの田中社長が「夏モデルの発表を期待して」と発言していたので、夏から秋にかけてモバイルWiMAX対応スマートフォンが数機種発売されることが推測されます。

LTE

LTEについては、来年2012年12月のサービス開始予定。ドコモから遅れること2年となりますが、これは周波数再編によるもので、消極性を示してるものではありません。2014年までの投資額も、ソフトバンク2,073億円(DC-HSPA含む)、ドコモ3,430億円に対し、KDDIは5,150億円と、一概に比較することはできませんが、他社を大幅に上回っています。

Wi-Fiスポット

さらに公衆無線LANスポットについても触れ、日本は諸外国に比べ公衆無線LAN後進国で、NTT系で10000ヶ所、SB系で4000ヶ所程度。今後は積極投資して、駅や商業施設などでシームレスに繋がるようにするとしています。なお、KDDIは去年、公衆無線LANを展開する「Wi2」の筆頭株主になっています

今後、スマートフォンの普及が進むにつれトラフィック量は増加し続けますが、KDDIでは「周波数帯域は限られているが、UQのWiMAXを含め、使える帯域は全て使って通信容量を増やす」と話しています。

本田雅一の週刊モバイル通信
スマートフォン時代を勝ち抜くKDDIの聖域なきインフラ戦略
  http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/mobile/20110428_442987.html

スポンサーサイト

ドコモ、Xi(LTE)対応端末続々投入へ、夏Wi-Fiルーター、秋タブレット、冬スマートフォン

ドコモは決算会見の中で、今後の端末投入計画について明らかにしました。新たな通信方式である「LTE」サービス「Xi(クロッシー)」について、夏にモバイルWi-Fiルーター、冬にスマートフォンがリリースされることはこれまでも言及していましたが、今回、秋にもXi対応タブレット端末が投入されることが明らかにされました。

現在はUSBタイプ型(L-02C)と、ExpressCard型(F-06C)の2機種だけですが、端末バリエーションの拡充により、2010年度2.6万契約(実績、目標:5万契約)から2011年度100万契約突破を目指すとしています。

サービスエリアについては、
 2010年度末 : 東名阪の一部(基地局約1,100局、人口カバー率約8%)
 2011年7月 : 全国主要6都市(札幌・仙台・金沢・高松・広島・福岡)へ拡大
 2011年度末 : 県庁所在地級都市へ拡大(約5,000局、約20%)
 2012年度末 : 全国主要都市へ拡大(約15,000局、約40%)
以降、2014年度末で基地局35,000局、カバー率70%までエリア拡大するとしています。なお、Xiエリア外ではFOMAハイスピードまたはFOMAに接続します。

110429_05.png

110429_06.png


2011年3月期 決算説明会 プレゼン資料(HTML形式)
  http://www.nttdocomo.co.jp/corporate/ir/library/presentation/110428_summary/index.html
IR資料室 説明会資料 トップページ
  http://www.nttdocomo.co.jp/corporate/ir/library/presentation/

「なりすまし」に注意を、ドコモが注意呼びかけ

110429_04.gif

ドコモでは、東日本大震災の被災者向けに携帯電話が利用できなかった場合の料金を日割りで返還するなどの施策を実施していますが、ドコモになりすまし、名前や住所などの個人情報を聞き出す事例があり、ドコモでは注意を呼びかけています。

ドコモをかたった「迷惑行為」にご注意ください
  http://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/110428_01_m.html

ドコモ発売済みスマートフォンも今夏に緊急地震速報対応へ

110429_03.jpg

ドコモの山田社長は決算会見の中で、Xperiaなど既に発売されているAndroidスマートフォンを夏までにエリアメール(緊急地震速報)に対応させることを明らかにしました。

緊急地震速報を配信する一斉同報には「CBS方式」と「ETWS方式」の2つの方式があり、どちらも携帯電話の通信規格などを定める3GPPで標準化されています。輻輳の影響は受けず、山田社長によれば新式のETWSでは3~4秒で配信が届き、CBSでは5~6秒かかるそうです。

Google側でAndroid改善が行われCBS方式に対応、既に発売されているAndroidスマートフォンがCBS方式により緊急地震速報に対応することが可能となったそうです。

また、ドコモでは今冬のスマートフォンから緊急地震速報に対応するとしていましたが、山田社長は(今冬モデルからについては)ETWS方式で対応することを明らかにしました。

なお、ソフトバンクモバイルでも、発売されているAndroidスマートフォンをアップデートにより緊急地震速報に対応させることを発表しています。

ドコモの発売済みスマートフォン、今夏に緊急地震速報対応へ
  http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20110428_443039.html
緊急地震速報の通信方式、Googleが対応か――ドコモの発売済みAndroid端末、今夏対応
  http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1104/28/news088.html

ドコモ、音声ファイル型の災害用伝言板やスマートフォン版らくらくホン開発へ

今回の東日本大震災で、災害用伝言板はドコモだけで425万件の登録(4月27日現在、ドコモ発表)があったそうですが、60代以上では利用比率がぐっと下がったそうです。通話中心の年代にとってブラウザからアクセスする必要がある災害用伝言板は、少し利用しにくいとのことでした。

この件に関してドコモの山田社長は、今後の取り組みとして、音声ファイル型のメッセージサービスの開発を行うことを明らかにしました。通話規制が行われていても端末側で音声を録音し、データ通信(パケット)で送信。受信する際は、まずメッセージが送られてきた旨だけが通知され、好みのタイミングでダウンロードし再生する流れ。

まずはドコモのスマートフォン向けにサービスを開始し、その後は従来の携帯電話(フィーチャーフォン)向けに展開、最終的には他の事業社へも呼びかけ相互連携も目指すそうです。

シニア層への利用促進にもなるサービス開発と、若年層のユーザーが多いスマートフォンをまず最初に対応させることでは矛盾が生じますが、山田社長はスマートフォン版のらくらくホンシリーズも投入する考えを明らかにしました。

東日本大震災による被害の復旧状況および今後の対応について
  http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2011/04/27_01.html

NTTが最新復旧状況を紹介、原発周辺の取り組みも
  http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20110427_442824.html
ドコモの災害対策は続く――災害時でもつながる音声メッセージなど開発
  http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1104/28/news018.html
NTTグループの被災設備は4月末にほぼ復旧完了へ、基地局バッテリーの24時間化も推進
  http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110427/359977/?ST=network&P=1

ソフトバンクWi-Fiスポット、新規加入で2年間無料に

110429_02.jpg

ソフトバンクモバイルは、2011年6月1日から2013年3月31日までの期間にソフトバンクWi-Fiスポットに申し込むと、月額料金490円が2年間無料になるキャンペーンを実施します。

「ソフトバンクWi-Fiスポット」月額使用料無料キャンペーンの実施
  http://www.softbankmobile.co.jp/ja/news/press/2011/20110427_01/

iPhone4ホワイト&iPad2発売

110303_01.jpg

東日本大震災の影響により日本での発売が延期されていたiPad2と、ブラックモデルから遅れること10ヶ月でiPhone4のホワイトモデルが28日より販売開始しました。

110429_01.jpg
電力使用状況
ケータイ最新モデル
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

digitalian24

簡単なプロフィールはこちら
※コメント・トラックバック大歓迎ですが、記事内容とあまりにかけ離れた内容の場合は削除させていただく場合があります。ご了承ください。

もうこんな時間ですよ
スポンサードリンク
[AD]
Just MyShop(ジャストシステム)

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

[PR]おすすめ商品

eneloop mobile booster「KBC-L2BS
スマフォ約2回分のバッテリー。僕も使っています。
最新コメント
最新トラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
タグクラウド(試験運用中)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。