スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「分かりにくい!」ケータイ用語、統一へ

「分かりにくい!」ケータイ用語、統一へ

 「パケ・ホーダイ」「ダブル定額」「パケットし放題」など紛らわしい専門用語が多い携帯電話やインターネット関連のサービス内容を消費者が比較検討しやすくするため、テレコムサービス協会(中尾哲雄会長)などの4業界団体は12月をめどに用語を統一する方針だ。

 新サービスを次々に打ち出して激しい契約者獲得競争を展開する通信・ネット業界では初の試みとなる。

 4団体が通信・ネット業界の各種サービスやその内容を分かりやすく説明できる共通の用語を定める。その後、各団体が加盟社に対し、カタログや商品広告などで統一した用語を併記したり、言い換えたりするよう求める考えだ。

  http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20090924-OYT1T00024.htm


これは賛成です。同じようなサービスでも、会社が違うだけで名前が違うのは消費者が混乱しますからね。記事に出ているパケット定額、ソフトバンクは「パケットし放題」なのに、孫社長は「パケホーダイ」と言ってる始末です(新製品発表会などで毎回おなじみです)。

「着うた(フル)」や「おサイフケータイ」、最近ではauとソフトバンクは「待ちうた」「緊急地震速報(これは携帯電話に限りませんが)」(ドコモではそれぞれメロディコール、エリアメール)あたりはキャリアの垣根を越えて同一用語が使われていますが、一般的に言われる「デコメ」の正式名称はキャリアによって異なり、デコメール(ドコモ)、デコレーションメール(au)、デコレメール(ソフトバンク、旧アレンジメール)、デコラティブメール(ウィルコム)です。

同様に、待受画面にニュースなどがテロップ表示されるiチャネル(ドコモ)、EZニュースフラッシュ(au)、S!速報ニュース(ソフトバンク、旧ライブモニター)、トランシーバーのようなPTTサービスはプッシュトーク(ドコモ、2010年9月末で終了予定)、Hello Messenger(au、2009年8月でサービス終了)、S!一斉トーク(ソフトバンク、旧サークルトーク)。ソフトバンクは旧名称のほうがかっこよかったのになぁ。

どの会社の名称に統一するか(常識的に考えればドコモでしょう)、商標とかいろいろ問題はありそうですが、どこまで統一するか、ですね。さすがにiモードやEZウェブ、Yahoo!ケータイまでは無理でしょうけど・・・。
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

電力使用状況
ケータイ最新モデル
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

digitalian24

簡単なプロフィールはこちら
※コメント・トラックバック大歓迎ですが、記事内容とあまりにかけ離れた内容の場合は削除させていただく場合があります。ご了承ください。

もうこんな時間ですよ
スポンサードリンク
[AD]
Just MyShop(ジャストシステム)

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

[PR]おすすめ商品

eneloop mobile booster「KBC-L2BS
スマフォ約2回分のバッテリー。僕も使っています。
最新コメント
最新トラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
タグクラウド(試験運用中)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。