スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交通系ICカード 導入→進行順調

交通系ICカード 導入→進行順調 相互利用・共通化も着々

 ■社会保障カードにも?

 「Suica」「ICOCA」「PASMO」など交通系ICカードの導入が全国で進んでいる。乗車券としてだけでなく、買い物などができる電子マネー機能も充実。各社で規格が異なるため、1枚のカードで全国の交通機関を利用することはできないが、鉄道関係者は「自動改札機の普及で切符にハサミを入れる駅員の姿がほとんど見られなくなったように、相互利用が進めば将来的に券売機がなくなるかもしれない」と未来を予測している。(道丸摩耶)

 国土交通省によると、国内で流通している鉄道などのICカードは70事業者で約5008万枚(3月末現在)。最も普及しているのは平成13年に発行を開始したJR東日本の「Suica」で、今年8月末までに2961万枚が発行されている。

 普及とともに、カードの相互利用も進む。中心にいるのはJR東日本。「JR北海道、JR東海、JR西日本などとはすでに相互利用が始まっています。来春にはJR九州とも始まる予定です」(同社広報)。

 エリア内での相互利用も進む。首都圏では「Suica」と私鉄などの「PASMO」、関西圏ではJR西の「ICOCA」と他社の「PiTiPa」など、JRと他社の相互利用が可能になってきている。しかし、「Suica」で関西の私鉄に乗ることはできないなど、「全国共通」の実現はまだ遠い。

 こうしたICカードのもう一つの可能性が、「乗車券」以外の利用方法だ。買い物に使える電子マネー機能のほか、本人確認機能の利用も増えてきた。

 明治大(東京都千代田区)では昨年11月、「Suica」機能が入った学生証を導入。香川大(高松市)の学生証にも今年度から高松琴平電気鉄道のICカード「IruCa」機能が搭載され、教室に設置した読み取り機にかざすことで授業の出欠確認に利用されている。

 「IruCa」は住民票発行の手数料支払いなど公共機関でも利用できるようになる予定。年金手帳や健康保険証などの機能を果たす「社会保障カード」としての利用も期待される。

 東洋大国際地域学部の堀雅通教授(交通論)は「家を出てから帰るまで、交通も食事も買い物もすべて1枚で過ごせる時代になっている。人口減で通勤・通学客が増える見込みがない以上、鉄道各社も観光分野など別分野への利用を今後も進めるだろう」と分析している。

【用語解説】交通系ICカード

 鉄道やバスなどの交通機関で使える情報が記録できるカード。事前に入金する「プリペイド型」と利用後に料金を払う「ポストペイ型」のいずれかで乗車料金を払うことができる。カードを改札機に通す「接触型」と、かざすだけの「非接触型」がある。改札での人件費が削減できるほか、入場記録が残ることから不正乗車も防止できる。電子マネー機能付きのカードなら、買い物など別の用途にも利用できる。

091011_01.jpg

  http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/091010/sty0910100750002-n1.htm


世の中便利になったものです・・・。私鉄各社が(関東なら)PASMOに統一してくれたのが救いですよね。これは相互乗り入れ路線が多いからってのもありますけど。せめてJR各社が統一してくれればなぁ。
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

電力使用状況
ケータイ最新モデル
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

digitalian24

簡単なプロフィールはこちら
※コメント・トラックバック大歓迎ですが、記事内容とあまりにかけ離れた内容の場合は削除させていただく場合があります。ご了承ください。

もうこんな時間ですよ
スポンサードリンク
[AD]
Just MyShop(ジャストシステム)

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

[PR]おすすめ商品

eneloop mobile booster「KBC-L2BS
スマフォ約2回分のバッテリー。僕も使っています。
最新コメント
最新トラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
タグクラウド(試験運用中)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。