スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新幹線運行システム、15年間増強せず

新幹線運行システム、15年増強せず能力超過 JR東
大量のダイヤ変更処理できず
2011/1/18 20:17

 東北、上越など5つの新幹線が17日、一時全線ストップしたJR東日本の運行システム障害について、JR東は18日、雪の影響でダイヤを一度に変えた結果、システムの処理能力を超えたことが原因だったと発表した。処理能力は1995年のシステム導入時から増強しておらず、JR東は「設計上の配慮不足」を認め謝罪した。

 JR東によると、新幹線の運行を管理するシステム「COSMOS(コスモス)」に障害が出る前の17日午前7時~同43分、福島県内の2つの駅で雪のためポイントが切り替わらなくなった。運行本部司令官が列車計24本を約20分の間に各駅に停止させ、コスモスの端末で後続の列車のダイヤ修正を始めた。

 コスモスが1分間に表示できる修正箇所は600件だが、この時修正の操作が集中し、上限を超過。その結果、端末の表示が不安定になったという。

 同社の新幹線の運行数は、コスモスを導入した95年当時の1日230本から2011年の同320本に増えたが、処理能力は導入当時のままだった。宮下直人常務は「設計上の配慮不足だった。多くのお客様に大変な迷惑をかけ、深くおわびする」と陳謝した。

 処理能力の上限に達しないよう操作を制限することもできたが、運行本部の司令員7人は能力に限界があることを知らなかった。

 JR東は600件を超えた件数も処理できるようプログラムを改善するなどの対応を取る方針。

 トラブルは17日午前8時23分ごろ発生した。東京の運行本部にあるCOSMOSの端末22台すべてで、各駅の到着時刻や引き込む路線を示すデータがついたり消えたりする異常が起きたため運行を中止。約1時間15分後に全面再開した。

  http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819695E3EAE2E6E18DE3EAE2E3E0E2E3E39191E3E2E2E2


ニュースで「先月、東北新幹線が全線開業して…」とやってましたが、東京-新青森で全線なんですね。今までの盛岡、八戸は部分開業にすぎなかったんですね。

しかし東京-大宮間は容量が逼迫していますが、今後、北海道新幹線や北陸新幹線が開業したらどうなってしまうんでしょう。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

電力使用状況
ケータイ最新モデル
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

digitalian24

簡単なプロフィールはこちら
※コメント・トラックバック大歓迎ですが、記事内容とあまりにかけ離れた内容の場合は削除させていただく場合があります。ご了承ください。

もうこんな時間ですよ
スポンサードリンク
[AD]
Just MyShop(ジャストシステム)

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

[PR]おすすめ商品

eneloop mobile booster「KBC-L2BS
スマフォ約2回分のバッテリー。僕も使っています。
最新コメント
最新トラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
タグクラウド(試験運用中)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。