スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドコモのNFCロードマップ

[MWC2011]NTTドコモ,NFCとFeliCa統合のロードマップを明らかに

 NTTドコモは2011年2月14日から17日までスペイン・バルセロナで開催中の「Mobile World Congress 2011」においてNFC(Near Field Communication)関連の展示を行っている。ユーザーが海外から日本に旅行をすることを想定した動態デモと,FeliCaとNFCを携帯電話機上に同時実装する際のロードマップについてのパネル展示を実施している。

 デモでは海外からの旅行者が(1)FeliCaベースのEdyのカードを購入し,スマートフォンのリーダー/ライター機能を使ってEdyカードにお金をチャージする,(2)日本で公演されるコンサートのチケットを海外で購入して会場で携帯電話機をかざして入場する,(3)空港などでNFCを使って割引クーポンを取得して商品購入時に携帯電話機をかざし割引サービスを受ける,といったシーンを見せていた。(1)に関しては技術的にはSuicaのような交通用カードなどでもチャージ可能だ。

 一方,展示パネルの端末ロードマップで示していたのは,次のようなシナリオだ。現時点では,FeliCaの暗号化機能・鍵管理機能などを持つセキュアな領域(セキュア・エレメント)は携帯電話機上のチップに搭載される。NFCのType AやType Bと呼ばれる無線通信方式には対応していない。次のステップでは,FeliCaのセキュア・エレメントは携帯電話機上のチップに搭載したまま,Type AやType Bの無線方式にも対応させる。このとき,Type A/B用のセキュア・エレメントはSIMカード上に搭載する。SIMカードとNFCの無線通信チップの間はSWP(single wire protocol)で接続する。最終的にはFeliCaの機能もSIMカード上に搭載する。

 それぞれの対応時期は明らかではないが,韓国KTと2012年末までに韓国と日本でNFC対応スマートフォンの相互利用を開始することから,NTTドコモがNFC対応端末を提供するのは,この時期までとみられる。FeliCaの機能をSIMカードに搭載する時期は不明だ。

 NTTドコモがFeliCaの機能をSIMカード上に搭載する意向を公式に示したのは今回が初めて。SIMカードにFeliCa機能を搭載するようにすることで日本の携帯電話機メーカーは,FeliCaのセキュア・エレメントを端末側に持つ日本モデルと,FeliCaのセキュア・エレメントが端末上に不要な海外モデルを作り分けなくても済むようになる。

  http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110215/357206/


MWC 2011 - NTTドコモ、NFC関連の取り組みを紹介

世界最大級のモバイル関連見本市「Mobile World Congress 2011」で、NTTドコモは現在開発中の新技術などの展示を行っている。ドコモは、2012年末をめどに、従来のおサイフケータイで使われているFeliCaに対して、上位規格のNFCをサポートすることを明らかにしており、その説明などが行われていた。

SIMカードを挿してNFCに対応
日本国内では、近接通信のFeliCaチップを使ったおサイフケータイサービスが普及しているが、FeliCaと同種の規格Mifareの上位に位置づける形で、国際規格として制定されたのがNFCだ。ただ、NFCにはFeliCaやMifareなどの複数のタイプがあり、相互に互換性はない。日本と一部アジアの国で採用されているFeliCaと、一般的にNFCと呼ばれる通信規格には互換性がなく、例えばNFCに対応したGoogleのスマートフォン「Nexus S」は、日本のおサイフケータイリーダー/ライターにかざしても利用できない。NFCは、今後海外での拡大が期待されており、国際的に広く利用されるようになることが予想されている。

そうした中、ドコモではFeliCaとNFCの両方をサポートすることで、国内ではFeliCa、海外ではNFCと使い分けられる端末の開発を目指していく。現在のおサイフケータイでは、FeliCa RFチップとFeliCa本体のチップがあるが、第1段階としてFeliCa RFチップの代わりにNFCチップを搭載してFeliCaチップと情報をやりとりする。さらにNFCチップは、SIMカードに内蔵したNFCに対応したアプレットとSWPを経由して情報を送受信する。このSWPは標準規格化されたプロトコルで、これによってSIMカードを挿入すれば通常のおサイフケータイがNFC対応端末になる仕組みだ。SIMカードに内蔵するアプレットによって、クーポンや電子マネーの支払いなどのサービスに対応できる。

まずはこれを2011年12年末までに実現するために、韓国KT Telecomと提携。同社が韓国で展開している電子マネーサービスT Moneyとの相互利用を可能にする。ハードウェアの変更が必要なため、既存のおサイフケータイでSIMを入れ替えてもNFCには対応できないというが、SIMカードによるNFC対応をまず実現する。

ブースの説明員によれば、日本のおサイフケータイは、特にSuicaなどのサービスで要求が厳しく、現在のSIMカードの性能ではそれを満たせないという。今後、SIMカード自体の性能向上を図り、第2段階としてFeliCaチップもSIMカードに内蔵させる方向で検討している。こうすることで、NFC対応の海外端末でも、SIMカードを挿せば国内のおサイフケータイとして利用できるようになるため、海外端末の国内展開がさらに加速する可能性がある。なお、基本的にターゲットはAndroid端末のようだ。

第2段階としては国際展開も検討。ドコモはすでにおサイフケータイで7年間のキャリアがあり、サービスモデルやシステムなどのノウハウを海外にも展開していきたい考えだ。FeliCaである必要はなく、NFCによるおサイフケータイのようなサービスの展開がサポートできるとしている。

NFCでは、Nexus SやGalaxy S IIといったNFC対応端末の登場に加え、すでにシールを携帯電話に貼ってNFC対応させるなど、広がりを見せ始めている。国内端末がNFCに対応することで、そうした海外の製品も国内利用が可能になってくることになる。また、逆にドコモのクレジットサービス「iD」に対して、海外に行くときだけ一時的にNFC版のアプレットを提供することで、海外でもiDを使えるようにするといったアイデアも考えられ、国内サービスの海外展開にも寄与しそうだ。ただ、もちろんレジなどのリーダー/ライター側のNFC対応も必要で、ドコモでは、今回のロードマップを早期に発表することで、リーダー/ライターのNFC対応を促していきたい考え。

  http://journal.mycom.co.jp/articles/2011/02/16/docomo/index.html


NTTドコモによるNFCの今後の展開について、具体的に明らかになってきました。
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スマートフォン WiMAXブログ >> 気になる記事 PIC Blog:Facebookボタン搭載スマートフォン HTC

スマートフォン WiMAX >> 気になる記事 PIC Blog:Facebookボタン搭載スマートフォン HTC Facebookボタン搭載スマートフォン HTC Salsa / Chacha 発表. http://japanese.engadget.com/2011/02/15/facebook-htc-...

コメントの投稿

非公開コメント

電力使用状況
ケータイ最新モデル
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

digitalian24

簡単なプロフィールはこちら
※コメント・トラックバック大歓迎ですが、記事内容とあまりにかけ離れた内容の場合は削除させていただく場合があります。ご了承ください。

もうこんな時間ですよ
スポンサードリンク
[AD]
Just MyShop(ジャストシステム)

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

[PR]おすすめ商品

eneloop mobile booster「KBC-L2BS
スマフォ約2回分のバッテリー。僕も使っています。
最新コメント
最新トラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
タグクラウド(試験運用中)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。