スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「IS07」は出ない?Android au型番変更

「IS07」は出ない?――変更されたau Android端末の型番

 まずISW11HTについて。「IS」はIS seriesのISで、「W」はWiMAXのW、「11」は通し番号、「HT」はメーカー名(HTC)の略称。これまでのIS seriesは、IS+通し番号が型番だったが、EVO WiMAX以降のスマートフォンは、IS(WiMAX対応機はISW)+11以降の通し番号+メーカー名の略称が型番となる。11から始まる通し番号はメーカーごとに振られ、メーカーを問わず01から始まっていた従来のルールとは異なる。例えば今後auモデルとして登場するシャープ製スマートフォンの型番は「IS11SH」、富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製スマートフォンの型番は「IS11T」になると思われる。

 従来の型番ルールに基づくスマートフォンは「IS06」が最後で、「IS07」という型番の機種は登場しない。「これまでのルールだと、番号の大きいIS06の方が、IS04やIS05よりも早く発売されるといったことが起こる」ことから一新したという。またメーカー名の略称が末尾に付くことで、これまでのIS seriesよりも、型番からどの機種かを判別しやすくなった。

 続いてTBi11Mについて。「TB」はTabletのTBで、「i」はWi-Fiのi(WだとWiMAXと重複するので、iにしたと思われる)。「11」が通し番号、「M」がメーカー名(Motorola)の略称なのはスマートフォンと同じ。MOTOROLA XOOMはauブランドの製品だが、3G機能を内蔵していないのでIS seriesには属さず、「IS」は付かない。auのWi-Fi専用モデルは、今後もMOTOROLA XOOMと同じ型番の表記になるとのこと。ちなみに、au向けスマートフォンのWi-Fi専用モデルが今後登場するとしたら、型番は「SPi11x」になる……と勝手に予想している。

 通し番号は「11」から始まるが、年度または年によって十の位を上げることはしないという。かつてauケータイの型番が「Wxx+メーカー名」(W61Sなど)だったころ、xxの十の位は「11」→「21」という具合に年ごとに増えていったが、現在のauケータイ(フィーチャーフォン)と同じく、スマートフォンの数字も年や年度にかかわらず通し番号となる。
  http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1103/02/news063.html


もう訳が分からなくなりそう。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

電力使用状況
ケータイ最新モデル
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

digitalian24

簡単なプロフィールはこちら
※コメント・トラックバック大歓迎ですが、記事内容とあまりにかけ離れた内容の場合は削除させていただく場合があります。ご了承ください。

もうこんな時間ですよ
スポンサードリンク
[AD]
Just MyShop(ジャストシステム)

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

[PR]おすすめ商品

eneloop mobile booster「KBC-L2BS
スマフォ約2回分のバッテリー。僕も使っています。
最新コメント
最新トラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
タグクラウド(試験運用中)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。