スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“8円ケータイ”が無くなる日

ホワイトプラン980円の基本料金が月月割(旧スーパーボーナス特別割引)により相殺され、最安でユニバーサルサービス料8円だけで利用できる、いわゆる「8円ケータイ」が無くなるのかもしれません。
これまでは基本料金・通話料・通信料等に月月割が適用されていたのですが、基本料金が除外されるという実験が沖縄県で行われている模様です。

自分の父はソフトバンクユーザーですが、メールやウェブのパケット系は使わないため、パケット定額はもちろん、S!ベーシックパックにも加入していません。そのため、毎月使っている金額は「ホワイトプラン980円+通話料(他社携帯など)+ユニバーサルサービス料」です。月月割はホワイトプランと相殺されるため、月月割が適用されている間に支払っている金額は「通話料(他社携帯など)+ユニバーサルサービス料」となります。こういう使い方だと、完全に値上げになります(他社向け通話料が980円を上回れば問題ありませんが)。

既に契約しているユーザーへの適用は無いと思われますが、テストマーケティングを経て沖縄以外で新規契約者への適用は十分考えられます。そもそも、月額8円で維持できる携帯電話というのもおかしな話しですが、そういう契約方法が何ヶ月も存在し、それ目当てで契約してるユーザーも少なくありません。ソフトバンクだって気づいてないはずはありません。また、これはソフトバンクを選ぶ理由の1つだと思います。

月額8円でソフトバンク同士は1時から21時まで無料、さらにホワイトファミリーなら24時間無料。こういうユーザーによる長電話が多ければ、設備は間に合いません。その8円だって、ユニバーサルサービス料なのでソフトバンクの懐には入りません。孫社長が「収穫期に入った」と言うように、ARPUを上げるためにもこれからはさまざまな値上げが待っているのでしょうか。今後の動きに注目したいと思います。

基本料は割引サービス「月々割」から除外--ソフトバンクモバイル、沖縄で試験導入
 ソフトバンクモバイルは5月11日より、沖縄県の一部の店舗において、契約者の利用料金の一部を割り引くサービス「月々割」の対象から月額基本料を除くテストマーケティングを開始した。これにより、契約者は最低でも毎月、携帯電話の機種代金と基本使用料を支払う必要がある。

 月々割は、ソフトバンクモバイルの携帯電話を新スーパーボーナスプランで購入した顧客に対して、機種に応じた一定額を通信料から毎月割り引くサービス。これまでは月額基本使用料、通話料、通信料、ネット接続サービス「S!ベーシックパック」などが割引の対象だった。今回のテストマーケティングでは、月額基本使用料を割引の対象から外した。

 ソフトバンクモバイルによれば、「仕様変更した場合の顧客の反応を見るため」に導入したという。マーケティング期間は5月24日までで、全国に適用するかは未定としている。
  http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20392937,00.htm


月月割
  http://mb.softbank.jp/mb/price_plan/3G/super_bonus/


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

電力使用状況
ケータイ最新モデル
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

digitalian24

簡単なプロフィールはこちら
※コメント・トラックバック大歓迎ですが、記事内容とあまりにかけ離れた内容の場合は削除させていただく場合があります。ご了承ください。

もうこんな時間ですよ
スポンサードリンク
[AD]
Just MyShop(ジャストシステム)

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

[PR]おすすめ商品

eneloop mobile booster「KBC-L2BS
スマフォ約2回分のバッテリー。僕も使っています。
最新コメント
最新トラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
タグクラウド(試験運用中)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。