スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

au「共通ACアダプタ03」を買ってみた

auのスマートフォン用ACアダプタ「共通ACアダプタ03」を購入しました。

これまでスマートフォンに充電するには、共通ACアダプタ02にmicroUSB変換ケーブルをつける必要がありましたが、共通ACアダプタ03では端子がmicroUSBになっているため、単体でスマートフォンへの充電が可能となりました。

また、ケーブルと本体は取り外し可能で、これ1つでコンセントからとパソコンのUSBからのどちらからでも充電をすることができます。iPodなどの充電器と同じ感じです。


内容は本体とUSBケーブル(USB-AとmicroUSB-B)、保証書
製造元は02と同じホシデン株式会社

auショップやauオンラインショップで945円で購入することが出来ます。また、auポイント900ポイントと交換することも可能ですが、その場合はセンターから発送されるそうで、到着するまで約1週間かかるそうです。

なお、オンラインショップによれば、2011年8月14日現在の対応機種は、IS03、IS05、IS06、G'zOne IS11CA、INFOBAR A01、IS12SH、IS11SH、DATA06となっています。

「シロのみ在庫無し」というショップが多く、3店舗目のauショップでようやく購入できました。うち2店舗では「IS03は対象機種ではありません」と店員さんに言われましたが、オンラインショップでは対象機種になっていたのでその旨話してみると、バックヤードで確認後、ショップ店員さんも対象機種であることを確認しました。

もともとIS03とIS05は対象外機種だったので、最近になって対象機種に追加されたのかもしれませんが、あまり周知徹底はされていないようです。


これまでの共通アダプタ同様、プラグ部分は回転式

本体とUSBケーブルは取り外し可能。USBからの充電もできます

共通ACアダプタ02とのサイズ比較。03のほうが若干大きい


出力の違いも共通ACアダプタ02との大きな違いのひとつで、02の出力が「DC5.0V 600mA」なのに対し、03は「DC5.0V 1.0A」と、強化されています。これにより充電時間が短縮されるそうです。

縦軸がバッテリー残量(%)、横軸が時間軸のグラフです。赤線がACからの電源供給、オレンジがUSBからの供給、緑線が満充電、青線が放電状態です。

左側と中央の赤線が共通ACアダプタ02で、右側の赤線が共通ACアダプタ03で充電したものですが、このグラフを見た限りではあまり変化なし?という感じですが、実感としては「あれ、もう100%になってる!」って感じるくらい速かったです。気のせいかな?

それよりもバッテリーの減り方。改めて見るとハンパない減り方です。半日持たないのでモバブー必須です。

本日の一品 au純正のmicroUSB充電器「共通ACアダプタ03」
  http://k-tai.impress.co.jp/docs/column/todays_goods/20110729_463465.html


auオンラインショップ 共通ACアダプタ03 シロ
  http://auonlineshop.kddi.com/disp/CSfLastGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=2428&dispNo=001001002

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

電力使用状況
ケータイ最新モデル
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

digitalian24

簡単なプロフィールはこちら
※コメント・トラックバック大歓迎ですが、記事内容とあまりにかけ離れた内容の場合は削除させていただく場合があります。ご了承ください。

もうこんな時間ですよ
スポンサードリンク
[AD]
Just MyShop(ジャストシステム)

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

[PR]おすすめ商品

eneloop mobile booster「KBC-L2BS
スマフォ約2回分のバッテリー。僕も使っています。
最新コメント
最新トラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
タグクラウド(試験運用中)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。