スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英ボーダフォンが法人分野でドコモと提携、ソフトバンクとは提携解消


NTTドコモは、ドコモを含むアジアの携帯電話事業者6社が12月より英ボーダフォンと法人営業分野で事業提携すると発表しました。世界各地に拠点を持つ多国籍企業向けに営業窓口を一本化し、顧客を囲い込む戦略の一環とみられます。

ドコモや台湾のFarEasTone、香港のHutchison Telecomなどで作られているアジアの通信事業社団体「Conexus Mobile Alliance」とボーダフォンが事業提携しました。

例えば欧州に本社がある多国籍企業がボーダフォンと法人契約した場合、日本支社での法人契約は自動的にドコモになります。また、日本企業がドコモと契約すると、その海外支社はボーダフォンまたはConexus Mobile Allianceの通信サービスが受けられます。

ボーダフォンは、2001年にJ-フォンを傘下に収め、ソフトバンクが買収する2006年まで日本でも通信事業を展開していました。現在でもボーダフォンとソフトバンクの法人向け分野で提携関係はありますが、11月で契約が切れるそうです。

報道関係者向け説明会で「ボーダフォンからドコモが評価されたポイントは?」との問いに対し、ドコモ国際事業部 キャリアビジネス担当部長の高木氏は「1つはドコモの顧客基盤、日本国内のマーケットシェアだろう。もう1つ、別の話として、これからグローバルで拡大が見込まれるLTE、NFCといった先進性もアピールになったのではないかと思う」とコメント。

なお、ソフトバンクモバイルによれば個人ユーザーの国際ローミングサービスは継続して提供されるそうで、料金も当面影響はないそうです。法人ユーザーの大半はドコモへ切り替わることになるそうです。

ボーダフォンと法人営業を中心に事業提携
  http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2011/09/20_00.html


ドコモとボーダフォン、法人営業関連で事業提携
  http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20110920_478783.html

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

電力使用状況
ケータイ最新モデル
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

digitalian24

簡単なプロフィールはこちら
※コメント・トラックバック大歓迎ですが、記事内容とあまりにかけ離れた内容の場合は削除させていただく場合があります。ご了承ください。

もうこんな時間ですよ
スポンサードリンク
[AD]
Just MyShop(ジャストシステム)

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

[PR]おすすめ商品

eneloop mobile booster「KBC-L2BS
スマフォ約2回分のバッテリー。僕も使っています。
最新コメント
最新トラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
タグクラウド(試験運用中)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。