スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

au W53CAなど3機種で電池パック201万個発熱の恐れ

KDDIは、2007年以降に発売したau携帯電話3機種の電池パック(ソニーエナジーデバイス製)に不具合があり、発熱・膨張・発煙・融解する恐れがあることを確認したとして、対策品への交換を実施すると発表しました。
対象機種は、以下の3機種。
  • 「W52CA」(カシオ計算機製)2007年6月発売、出荷台数約54万台、稼働台数約14万台
  • 「EXILIMケータイ W53CA」(カシオ計算機製)2007年8月発売、出荷台数約80万台、稼働台数約26万台
  • 「Mobile Hi-Vision CAM Wooo(HIY01)」(日立コンシューマエレクトロニクス製)2009年7月発売、出荷台数約15万台、稼働台数約10万台
対象電池パックは、オプション品を含め計約201万個。

■201万個全て回収

これまで、電池パックが発熱・膨張し、発煙や融解した事故が8件発生(申告)しているそうです。8件のうち2件は火災認定、うち1件はユーザーが指に火傷を負っている被害。

対象品を利用しているユーザーへは書面で告知し、対策された交換用電池パックを順次送付することになっています。解約または機種変更済みのユーザーへも書面で告知するそうです。

KDDIとメーカーによると、KDDIとメーカーが掲げる安全基準は満たしているものの、カシオ製携帯電話で人気があるなど、影響範囲を考えリコールすることにしたそうです。

■電池パックにキズ・ヘコミがあれば速やかに使用中止を

原因は、(1)電池パックに強い力や衝撃が加わり、キズやヘコミがつき内部セパレータ(絶縁シート)が損傷→(2)充放電を繰り返すことにより内部ショート→(3)長期使用により電池内部の化合物が相当量析出していた場合、これらの複合要因により発熱・膨張する場合があることが確認されたそうです。電池パックにキズやヘコミがない場合は発煙・融解には至ってはいないとのこと。

電池パックが取り出しにくい設計だったため、取り出す際にボールペンやドライバーでこじ開けるケースが多く、そのため、キズやヘコミがつきやすい使用環境になったそうです。

なおKDDIでは、対象機種を利用中で電池パックにキズやヘコミがある場合は速やかに使用を中止し、お客様窓口まで連絡するよう呼びかけています。

対象商品コードや問い合わせ先はこちら↓

au携帯電話「W52CA」、「EXILIMケータイ W53CA」、「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」用の電池パック交換について
  http://www.kddi.com/corporate/news_release/2011/0930a/
  http://www.nec-casio-mobile.co.jp/news/info/1109/0901.html


au携帯電話では、京セラ製のW42Kの電池パックでも発煙や破裂する恐れがあるとして、回収を行っています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

電力使用状況
ケータイ最新モデル
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

digitalian24

簡単なプロフィールはこちら
※コメント・トラックバック大歓迎ですが、記事内容とあまりにかけ離れた内容の場合は削除させていただく場合があります。ご了承ください。

もうこんな時間ですよ
スポンサードリンク
[AD]
Just MyShop(ジャストシステム)

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

[PR]おすすめ商品

eneloop mobile booster「KBC-L2BS
スマフォ約2回分のバッテリー。僕も使っています。
最新コメント
最新トラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
タグクラウド(試験運用中)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。