スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

auが指定通話定額開始

auが「通話定額」に手をつけました。「LOVE定額」と同じにおいがしました。かつて、純増数に悩んだボーダフォンは、それまでの3つの定額(デュアルパケット定額、メール定額、家族通話定額)に加え4つ目の定額「LOVE定額」を導入しました。現在のauも、MNP開始後の勢いは衰え、毎月発表される純増数はソフトバンクやイーモバイル・ドコモについて4位が最近の定位置となってしまっています。

090526_01.jpg
そういえばこんな広告もありました。

とはいえ、今回の通話定額サービスは、月額390円で3件までのau携帯電話への通話が定額となります。390円という設定がいまいちよく分かりませんが、十分安いと思います。auが始めるとは思わなかったなぁ~。

これを受けてソフトバンクは24時間以内(auはきのう25日午前11時発表)に追随発表するのか、それともドコモが後を追うのか。ドコモは規模からして無理だろうな・・・。それこそ、終わりの始まりになるかも。いや、もう終わりが始まってるキャリアが・・・ウィルコム。。。


また、同時にパケット定額サービスを下限390円/月に抑えた「ダブル定額スーパーライト」(たばこの銘柄みたいになってきたな・・・)も導入されるそうです。こちらはドコモ・ソフトバンクが月額490円のパケット定額サービスを開始したのを受けたものですが、既存の「ダブル定額(0.0525円)」や「ダブル定額ライト(0.084円)」に比べ、「ダブル定額スーパーライト(0.105円)」はパケット単価が値上げされてます。つまり、同じ使い方であってもダブル定額スーパーライトは他のダブル定額より上限額に到達するのが少し早まります。そこら辺は、毎月の利用の仕方によって見極めが必要かもしれません。

今回の値下げにつて、auのコンシューマ商品統括本部長(取締役執行役員常務)高橋誠氏は次のように話しています。

 高橋氏は、「他社追随の料金ではなく、他社よりも一歩先んじてお届けしたいというのが今夏の取り組み」と総括し、世界初・国内初の機能を搭載する携帯電話新機種とともに、サービス面でも業界をリードするとした。
  http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/45466.html より一部抜粋


そうそう、下限額の値下げより上限額の値下げを多くの方が望んでいるのです。その上限額の値下げについては、、、

――パケット定額の下限を引き下げる狙いは。
高橋常務:パケット定額への加入率の底上げを期待している。上限額については、他社の動きも見ながらのことなので今回は変更しない
  http://it.nikkei.co.jp/mobile/news/index.aspx?n=AS3K2500C%2025052009 より一部抜粋


どっちだよ


プレスリリース au携帯電話における新しい定額サービスの導入について
  http://www.kddi.com/corporate/news_release/2009/0525i/index.html


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

電力使用状況
ケータイ最新モデル
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

digitalian24

簡単なプロフィールはこちら
※コメント・トラックバック大歓迎ですが、記事内容とあまりにかけ離れた内容の場合は削除させていただく場合があります。ご了承ください。

もうこんな時間ですよ
スポンサードリンク
[AD]
Just MyShop(ジャストシステム)

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

[PR]おすすめ商品

eneloop mobile booster「KBC-L2BS
スマフォ約2回分のバッテリー。僕も使っています。
最新コメント
最新トラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
タグクラウド(試験運用中)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。